【新卒一期生が語る】今年開始したばかりの新人研修。成果はどれだけあったのか?

【新卒一期生が語る】今年開始したばかりの新人研修。成果はどれだけあったのか?

こんにちは、GPTech1期生の古舘です。
1期生3人とも、5月末をもって無事新人研修を終えることができました。
今回は研修最後のまとめとして、古舘→坪井→堀井の順で、「2か月の研修を通してどのように変化したか」を振り返り、果たして今年GPTechで導入したばかりの新人研修に成果があったのか検証していこうと思います。

一人目:古舘

よく「性格が北海道っぽい人」と言われます。いったいどういう意味でしょうか??

Q1 自分のここが変わったなぁ~という所は?

まずは、満員電車、週休2日のリズムに慣れることができました(笑)大学生の時はかなりルーズな生活をしていましたが、2か月で規則正しい生活に切り替えることができました。仕事の姿勢という点では作業の目的を考え、そこから逆算して行動できるようになった抽象的な指示を、具体的な作業におろすことができるようになったことが大きいです。また、プレゼン研修等で、フィードバックを受ける機会が多いのですが、最初はクリティカルな指摘にまごまごしていました。しばらくするとその指摘を次に活用できるようになったり、指摘に対して自分の考えを返したりできるようになりました。

Q2 どこがタイヘンだった?

納期との闘いです。当初の作業予定よりも遅れが出ることが多々ありました。遅れることで危機感が生まれ、資料作成なら内容の骨子を最初に決める、あらかじめ図形やスライドのテンプレを作っておく等効率化のための工夫を徹底できたと思います。

Q3 これから“大切にしたいこと”は?

「自分が絶対正しい!」と思い、先輩に方向性を確認しないまま仕事を進めると大変なことになりました…。なので方向性のすり合わせは早めにするということは重要です。また、今までは「相手がニュアンスを汲んでくれるだろう」という前提でのコミュニケーションをしていたので、「これってどういうこと?」と聞き返されることが多かったです。言葉を分かりやすく伝えるというのも当たり前ですが、意識し続けようと思いました。

Q4 6月からの意気込みは?

いい意味で予測を裏切るような仕事をする!

二人目:坪井さん

なんでもズバッと言うご意見番。あとパワポの作業スピードがやたら速いです。

Q1 自分のここが変わったなぁ~という所は?

一番は、行動の目的を常に意識して動く心構えをもてるようになったことです。さらに目的から逆算することで、今何をすべきか理解できるようになったと思います。加えて、相手の期待がどこにあるのか、相手が聞きたいことは何なのかなど、相手に基準をおいた出来栄えを心がけるようになりました。

Q2 どこがタイヘンだった?

一つ一つの仕事において、求められていることを把握するのに苦労しました。資料作成の場合、このドキュメントは何のためにどう使われるのかを調べ、先輩に「内容は○○でよろしいでしょうか」と仮説をぶつけるという方法で把握していきました。また、新卒だからできないことだらけなのは当たり前ですが、「失敗続き…」と思い込んでしまい、モチベーションが下がり気味になりました。そこは同期と失敗した原因を共有し、「次はこうしたらいいんじゃないか」という考えになることで少し克服できたかなと思います。

Q3 これから“大切にしたいこと”は?

自分が完璧だ!と思っていた資料でも、資料を使う相手が理解・納得できるものでなければ意味がありません。資料は相手ありきのもの、基準は常に相手にあるというのは大きな学びでした。次に、クリティカルシンキングの重要性も今後使える学びでした。研修中は与えられた課題をひたすら実行することが多いのですが、そもそも当たり前だと思われていることを鵜呑みにせず、「それってなぜ?」「本当にやるべきことなの?」という視点をもつと仕事の効率、質が上がると思います。

Q4 6月からの意気込みは?

任された仕事をきっちりこなした上で、自分が付加価値をつけれる部分を探す!

三人目:堀井くん

アルコールが入ると「関西人」が前面に出てきます。ギャップがすごい。

Q1 ここが変わったなぁ~という所は?

もし、課題が明確でない場合、「何をすればいいですか?」と手持ちぶさたで聞くのではなく、「○○をすればいいのではないか?」という仮説をもって質問する意識を身につけることができました。プレゼン研修の時には、新人研修に携わっていない社員の方も聞き手になっていたので、前提を共有してから、話を進めようとする意識が身につきました。

Q2 どこがタイヘンだった?

コミュニケーションのズレ」です。前提を共有していない人に自分よがりな話をして相手にうまく伝わらないことがありました。そこでプレゼンだけではなく、日常の相談事でも今までの経緯を手短に話してから質問するように心がけています。

Q3 これから“大切にしたいこと”は?

論点(解決すべき問題)の設定を間違えると、その後の工程がいくら上手くいってもあまり成果にはつながらないと思いました。いくつかの論点がある中で、どれを選択すべきかはかなり重要です。
そして、さきほどの苦労した点でも感じたことですが、同じ言葉でも人によって受ける印象はちがうということです。なのでコミュニケーションは、相手が何も知らないという前提で一意的に意味が伝わるような表現を心がけようと思います。

Q4 6月からの意気込みは?

解決すべき問題は何かを常に意識し、そのために最適な行動をとる!
成果物の具体的なイメージをしたうえで仕事にとりかかる!

→結論「新人研修で、3人とも”確かな”成長を感じることができた!!」

研修を通して見えたGPTechという会社

最後に、研修内容について良かった点を2つお話します。

①成長に適した難易度

研修全体を通しての難易度としては、「大学4年生春休みの頭」だとかなりハードでした(個人差あります)。研修がハードだからこそ、研修前よりも大きく成長を実感でき、キッチリと「ビジネスパーソンの頭」に切り替えられました。また、その方が実際にプロジェクトへアサインされたときのギャップが少なくなると思います。

②フィードバックの質・量が高い

研修で一番成長につながったのは、フィードバックだと思います。GPTechは新卒と他の先輩方との年齢が少し離れていますが、その分経験豊富な“ベテラン”コンサルタントの先輩方から、質の高いフィードバックを受けられるのはすごく貴重な経験でした。また、新卒が少数である先輩が真摯に対応してくれる、という相談しやすい環境なので、研修を進めやすかったです。

良い点だけでなく、書類のフォーマットが存在していなかったり、研修の到達目標が明確になっていなかったり、業務の効率が悪い点があったり、研修の中で改善点を発見することがありました。会社体制の改善を提案するというのも新人のミッションであるので、会社に変化をもたらすということに魅力を感じる方にはやりがいになると思います。

以上で、2か月にわたる新人研修の記事を終えたいと思います。
いままでの記事を見て、少しでもGPtechに興味を持っていただければ幸いです。

採用に関するご質問やご相談

GPTechでは中途採用および新卒採用を募集しています。
詳しい募集内容や選考の流れなど、お気軽にお問合せください。また、Web会議等での会社説明や社員(ITコンサルタント)との面談についても、ご希望に応じて承っています。

※お問合せ日から1~2営業日中に、ご入力いただいたメールアドレス宛てに折り返しご返信いたします。