安定した自分になるために!

安定した自分になるために!

こんにちは、グローバル・パートナーズ・テクノロジー20卒内定者の伊豆です。

この記事では、僕がIT業界、中でもコンサルタントを選んだ理由、そしてグローバル・パートナーズ・テクノロジー(以下GPTech)への入社の決め手について書かせてもらいます。

この記事を読んで頂いた就職活動中の方に、少しでも力になれたら幸いです!

はじめに

まず簡単に僕の自己紹介をさせてもらいます!

千葉県出身で、現在首都大学東京理工学部に通っています。

小学生の頃からバスケットボールをやっていて、チームで活動するのが好きな学生でした。

留年からの考え方の変化

僕は留年を理由に2度就職活動を経験したのですが、1度目の時はよく考える暇もなく活動していました。特になりたい職業もなかったため、

「とりあえず大手なら安定できるし、仲の良い先輩の多い不動産業界でいいか・・・」

と簡単に決めて何社か受け始めましたが、そのような半端な気持ちで上手くいくはずもなく、面接で落ちることが多かったです。

そんな中、内定を頂けた企業もあったのですが、「本当にここでいいのか?」と決めきれない内に留年が決まり、1度目の就活は終わりを迎えました。

留年を経験し、より安定を意識するようになった僕は、

「就職して企業から言われたことをこなしているだけでは、たとえ大手に入れたとしても自分自身は成長しない」

「だから会社という後ろ盾がなくなった時になにもできなくなるんじゃないか?」

「それって安定とは言わないな」

と思うようになりました。そこで自分自身に力をつけ、「個人として安定した人間」になれるような環境で働こうと思い、業界研究を始めました。

業界の決め手

結論から言いますと、僕はIT業界、中でもコンサルティング企業を中心に見ていくことを決めました。

IT技術は、IoTやクラウド技術の発展などによって、他の多くの業界でも活用されるようになってきています。また、日々技術革新は続いていくと考えられるので、現在ある技術以外でも新しい技術が開発され、新たなるニーズも生まれると予測できます。

その中で、IT人材の不足が問題になっていて、経済産業省のIT業界における人材の需給動向の試算では、2030年には約45万人が不足すると言われています。つまり、多くの業界で必要とされるIT技術を扱える人材になれば、自分自身の需要を高められると思いIT業界に就職しようと決めました。

その中でも、今までチームで活躍してきた経験を活かすことができ、IT技術を用いたビジネス戦略まで考える力が必要かつ、他業界からの需要も高いと感じたコンサルティング企業を中心に受けることを決めました。

GPTechへの入社の決め手

僕のGPTechへの入社の決め手は大きく2つあります。

① 経営理念、ビジネスモデルへの共感

IT業界について調べてみると、ITシステム発注の失敗の多さが目に入ってきました。

その原因は、発注側の企業と開発側の企業との知識や認識の差が大きいことや、発注側がITプロジェクトを進めていくための組織体制を十分に作れていないところにあると考えられます。

このような問題を解決しようと、経営理念に「この国のシステム発注の常識を変える。」と掲げているGPTechは、「開発側に依存したシステム発注」という常識を変えるため、開発側との利害関係がなく純粋に発注側のためのシステム発注ができる立場で発注側の企業に入り込み、主体性を強化するための教育から、システム発注の支援までを行っています。

勉強をしていく中で、発注側が使用するシステムであるのに開発側に任せっきりなケースが多いことに疑問を抱き、発注側が自立してシステム発注を行える体制を整えることが大事なのではないかと僕自身が感じていたので、特にこのような経営理念に共感できました。

理念やビジネスモデルへの共感から、この会社で現在の常識を変える一員になり、自身の価値を高めていくことで、求めている安定した人間に近づけると感じたことが入社の決め手になりました。

② 真摯に向き合って頂けた

1次面接の段階から将来的に起業してみたいという僕の勝手な考えに対しても親身に向き合ってくださり、いつまでにしたいのか、そのために何が必要なのかなど具体的なビジョンまで聞いて頂けました。

代表の坂本さんとの面接では、業界への知識の足りなかった僕に、もう一度勉強する期間を与えて頂いた上で、特別に二度目の面接を行って頂きました。

このようなことだけでなく、僕が入社したらどのように活躍してほしいかを具体的に教えてくださったことや、僕の現時点での弱点をはっきりと教えて頂けたことなど多くの部分から、学生に対して真摯に向き合ってくれ、大事にしてくださる会社だと感じたことは大きかったです。

また、論理的思考の弱かった僕に代表が宿題として、

「駅までの帰り道で小さなことでも“なぜ?”と思うことを30個見つけてみて」

と言って頂いたことは、印象に強く残っています。

実践してみたところ日頃から“なぜ?”と思うことが増え、少しですが成長を感じているので皆さんにもおすすめします。

終わりに

僕自身、「やりたい仕事」というより「なりたい自分になれる仕事」という考え方をしたことで受ける業界を決めることができ、迷いもなくなりました。

就職活動の中で、「自分の本当にやりたいことってなんだろう」と不安になっている方は、一度「なりたい自分」を想像してみてください。そして、そこに近づける仕事を探すというアプローチを試してみて頂きたいなと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございました。