就活する前は自分がコンサルタントになるとは思いもしなかった話

就活する前は自分がコンサルタントになるとは思いもしなかった話

こんにちは。GPTech2期生20卒内定者の吉原 昂佑です。この記事では、自分の就活(企業選び)の軸について、そしてGPTechではそれをどのような形で実現出来ると考えたのかを書いていきます。

また、自分が就活を通して感じたことを最後に書きますので、これからの就活生へのアドバイスとして、お読みいただけると幸いです。

自己紹介

慶應義塾大学 理工学部 電子工学科 の学部4年生です。所属研究室では、光通信の研究を行っています。バイトは数学の塾講師、サークルはダンスサークルに所属していました。

就活における2つの軸

僕は就職活動を行う上で、

① テクノロジーで社会に貢献できる  

② 成長できるチャンス、環境がある

の二つを企業選びの軸にしました。前者は、自分の得意分野を仕事にしたいという思いから、後者は、個としての成長が企業の成長につながり、社会への貢献につながるという考えから、これらを実現出来そうな企業を探していました。

どちらの軸もアバウトなので、最終的に会社を一つに絞るというのがとても大変でした。しかし、就活を終えた今、自分にとってはこれが逆に良かったと思っています。詳細は最後に記します。

テクノロジーで社会に貢献 ➡️ エンジニアなのか?

「テクノロジーで社会に貢献する仕事」と考えれば、当然まず思い浮かぶのはエンジニアでしょう。実際、僕はエンジニア職で応募した企業もありました。しかし、GPTechと出会ったことで、エンジニアとは違う形でもこれを実現出来ると考えるようになりました。

GPTechの説明会では、日本の情報システムのプロジェクト成功率がとても低いこと、そして失敗の原因がエンジニアの技術力よりも、むしろ発注側の力不足にあることを知りました。そこで強く思ったのが、

「社会を発展させるためには、技術力だけでなく、技術を事業に活かす力が重要である」

ということです。どんなに優れたエンジニアが高度な技術を生み出しても、事業という形でうまく社会に結びつける力がなければ無駄になってしまうのではないか。そして、ITに限らず日本のテクノロジー産業はその力が弱いのではないかと考えました。

そこで、GPTechで行っているITサービスの事業化支援やユーザ企業の発注体制の強化に携わることで、この問題の解決に大きく貢献したいという思いが、入社の決め手の一つになりました。

成長できるチャンス、環境とは?

就活の二つ目の軸にしていた「成長出来るチャンス、環境」についてですが、まず「成長」とは何なのか。捉え方は人それぞれだと思いますが、自分の考える「成長」は、「自分自身の市場価値を高めること」です。

では市場価値を高めるにはどうすればいいのか。これも絶対的な正解は無いと思いますが、

自分が一番重要だと考えるのは、【様々な領域に積極的に挑戦すること】です。

GPtechは、CIOアウトソーシングといった独自の事業の着手や、一年前に新卒採用を開始する等、会社が今まさに大きく変化している時期であるというお話を伺いました。そのような時期に新卒として入社すれば、様々な経験を積むチャンスがあると思い、GPTechへの入社を決めました。

就活を終えて

就活を終えて自分が強く感じたのは、

【業界や職種にとらわれすぎて、選択肢を狭めてしまうのはもったいない】

ということです。

様々な企業や業界を見ていけば、興味の幅や仕事への価値観を広げることが出来ます。そこで得た経験や知識は仕事をする上で必ず役に立つと思います。

時代の変化がもの凄く速いといわれている昨今、自分のキャリアが将来どのように形成されていくのか、予測することはほとんどできないと思います。 (スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が20世紀末に提案した「計画的偶発性理論」というキャリア論があります。興味のある方は調べてみてください。)

やりたいことが絞られていてそれを失うことを恐れるよりも、色々なことに興味をもって変化を楽しむことができるような人生を歩んでいきたいと強く思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。